ビットフライヤー(bitFlyer)の入金方法と取引開始方法

ビットフライヤーの入金

ビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨の取引を行う際に、まず仮想通貨に通貨を交換する必要があります。
ビットフライヤー(bitFlyer)ではその方法が2つあります。

1.日本円を入金する
2.クレジットカードで入金する

1.日本円を入金する

まず日本円をビットフライヤー(bitFlyer)に入金してから仮想通貨を購入する方法を説明していきます。

この方法ではまた2つの方法があります。
①通常入金
②クイック入金
です。

前提としまして、入金して仮想通貨を取引できるようになるには、
アカウントを作成し、銀行口座を作っておく必要がありますのでご注意を。

通常入金の方法です。

ログインをした後に、画面左にある「入出金」を選択します。

ビットフライヤーの入出金

 

入出金を押すと以下の画面が出てきます。

すでに日本円ご入金が選択されているので、そのままでOKです。

bitFlyerは三井住友銀行と住信SBIネット銀行が選択でき、どちらも持っていない方はもちろん他の口座でも使用できますが、手数料が高くなるので上記の2口座のどちらかをもっておくと節約になります。

他の取引所も基本的に住信SBIネット銀行なので、持っておくことに越したことはないですね。

 

そして話を戻し、画面下に行くとご自身の銀行口座が記載されているはずです。すでに記載されていれば設定は完了しています。

記載されていなければ、銀行口座情報を追加するを選択して、口座情報を入力します。

 

そして、その銀行口座から5桁の番号を振込名義人の前につけて振り込みます。

 

クイック入金は24時間365日行うことができる即時(bitFlyer承認後)入金の方法なのですが、手数料が1回の入金につき324円かかり、上限30万円の制限です。

2.クレジットカードの入金方法

つぎにクレジットカードで仮想通貨を購入する方法です。

全ての取引所でクレカが使えるわけではないみたいですが、bitFlyerではクレジットカードで仮想通貨が購入できます。

画面左側のメニューに「クレジットカードで買う」がありますのでクリックします。

ビットフライヤーのクレカ入金

ちょっと注意なのが、クレジットカードはVISAかマスターカードのみです。

そしてクレジットカードで購入したビットコインは、購入後一週間は売却や送付ができません。

IDセルフィーと言われる、自分の顔と本人確認書が一緒にうつっている写真をアップロードする必要があります。

セルフィー

そうすればクレジットカードで入金ができるようになります。

 

口座開設はこちらからできます。

bitFlyer公式サイトへ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です